瞑想の教室

カダンパ瞑想センター東京で開催している瞑想の教室をご紹介します。

  1. モダン仏教とメディテーション(一般プログラム)    
  2. 半日コース
  3. リフレッシュメディテーションワークショップ(45分)
  4. 基礎プログラム(英語)
  5. 国際フェスティバル

モダン仏教とメディテーション(一般プログラム)

ブッダの教えと瞑想を通して、生きる知恵をお伝えします。講座は英語で行われますが、もちろん、日本語の通訳も付きますのでご安心くださいませ!

この教室では最初に10分ぐらいの瞑想を行い、その後に仏教と瞑想についての話があり、最後にもう一度瞑想をします。クラスの最後には質問の時間も含まれています。どうぞお気軽にお越しください。

 

日程と各日程のトピック(全日程共に19時30分から21時まで)

2019年8月20日(火):三宝に帰依をする(助けを求める)-誰が私たちを本当に守れるのか?

人生において危険な状況にある時、脅されている時や病気の時、私たちは警察や医者などに助けを求めます。しかしこれらは一時的な保護しか与えてくれません。わたしたちは、ブッダ、ダルマ、サンガに帰依をする(助けを求める)ことだけによって、すべての苦しみからの永遠の解放を楽しむことができます。

2019年8月23日(金):カルマとは?-あなたはカルマを信じますか?

徳のない行為から苦しみが、徳のある行為から幸福がもたらされます。私たちがこれを信じるならば、私たちはカルマを信じることになります。 ブッダはこの真実を証明する広範囲の教えを与え、私たちが将来の苦しみを避けて、純粋な幸福を享受するために、カルマについての理解をどのように利用することができるかを示しました。

2019年8月27日(火):わたしたちは何をするべきか-苦しみの真実

一般的に、肉体的または精神的な痛みを体験した人は、動物でさえも、苦しみが何なのかを理解しています。 ブッダが彼の最初の教えで「あなたは苦しみを知るべきだ」と言いました。これは、私たちの未来世における苦しみのことを言い、将来の苦しみから解放されたいという強い願いを、その機会がある間に育てるべきであることを意味します。

2019年8月30日(金):私たちは何を放棄すべきか?-苦しみの原因とは?

私たちの苦しみの主な原因は私たちの煩悩であり、特に私たちの”自己への固執”です。もし 私達が”自己への固執”を永久に放棄すれば、この人生と無数の将来の人生の私達の苦しみと問題のすべては永久に止まるでしょう。 どうすればこれを達成できるのでしょうか?

2019年9月3日(火):私たちは何を修練すべきか?-本当のスピリチュアルな道とは?

スピリチュアルな道とは内なる道、又は、スピリチュアルな気づきであり、私たちを解放と覚りという純粋な幸せへ導きます。私たちはこの道を進みながら、どのように自分自身を修練すれは良いのでしょうか?

2019年9月6日(金):私たちは何を達成すべきなのでしょうか?-苦しみから永遠に自由になることは可能です。

ブッダは、特定の苦しみからの一時的な自由だけで満足するのではなく、すべての苦しみからの永久の自由を達成するために多大な努力を払うべきだと言いました。 正しい精神的な道に沿うことによってのみ、この自由を達成することができます。

2019年9月10日(火):愛おしく思う愛を育てる-全ての生き物に対して、愛おしく思う愛を育てる。

ブッダは全ての生き物に対して、どうすれば暖かい心を育てて保つことができるのか、どうすれば、例外なく全ての生き物を近く感じることができるのか、その方法を教えました。この「愛おしく思う愛」は私たちの心を純粋でバランスのとれたものにしてくれます。そして、すべての生き物を大切に思う愛を生み出す基盤を整えます。

2019年9月13日(金):他者を大切に思う心を育てる-自分と他者を平等に扱う。

自己と他者を平等に扱う修練を通して、自分自身の幸せと自由、そして、他のすべての生物の幸福と自由が等しく重要であることを学びます。 他者を大事にすることを学ぶことは、私たちの日々の問題に対する最善の解決策となり、将来の幸福と幸運のすべての源になります。

2019年9月17日(火):他者を大切に思う心を育てる-自分と他者を置き換える。

この深遠な実践により、私たちは非常に深いレベルの視点を変えることができるようになり、最終的には、他のすべての生き物の幸福と自由は、私たち自身の幸福と自由よりもはるかに重要であると自発的に信じれるようになります。

講師:ゲン・ローサン・ケルサン師

イギリス人僧侶の、ゲン・ローサン師は1983年に仏教の僧侶として得度し、ゲシェ・ケルサン・ギャッツオ・リンポチェ師の導きの下、学びと実践を続けてきました。

ゲン・ローサン師は、カダンパ仏教の師として国際的に名高く、世界中で幅広く教えを伝えてきました。

ゲン・ローサン師は、その洞察に満ちた教えで生徒たちから敬愛されており、そのひたむきな実践を通して、インスピレーションを与える役目を果たしてきました。

 

日程
火曜日 820日、827日、93日、910日、917日、108日、1015日、1022日、1029
金曜日 823日、830日、96日、913日、1011日、1018日、1025
時間
全日程共に、7:30 – 9:00pm
参加費用
1500円(学生は1000円)
予約方法
予約は必要ありません。そのまま時間までにお越しくださいませ。
場所
カダンパ瞑想センター東京、渋谷区代官山町13-4 ヴォーグ代官山II 2階 東急東横線代官山駅より徒歩5分(グーグルマップを表示)

 

半日コース

 

瞑想と仏教を本格的に学ぶ半日コースです。各日程に、日常生活のさまざまな問題を解決することができる、それぞれのトピックがあり、そのトピックについて瞑想します。

日程と各日程のトピック(全日程共に14時から17時30分まで)

2019年8月24日(土):人間関係を向上させる方法

私たちの家族や友人、そして職場での私たちの人間関係は、時には非常に困難であり多くの心配の源になりがちです。この半日コースでは、他人との関係を改善するための方法と瞑想のテクニックを学びます。

2019年9月1日(日):ストレスに対処する瞑想法

ストレスは現代生活の一般的な経験です。 この半日コースでは、さまざまなストレスを解消する瞑想法を学びます。

2019年9月14日(土):怒りに対処する瞑想法

怒りは現代生活の一般的な経験です。 これらの痛みを伴う感情は、職場で友人や家族と困難な状況に遭遇したときに簡単に発生します。この半日コースでは、怒りを手放す実践的な方法と瞑想技術を学びます。

2019年10月13日(日):瞑想を通して集中力を向上させる方法

集中力は、すべての私たちの活動に不可欠な力です。 瞑想を通して集中力を養い、私たちの生活と幸福の質を向上させる方法をお伝えします。

2019年10月26日(土):瞑想を通して集中力を向上させる方法

集中力は、すべての私たちの活動に不可欠な力です。 瞑想を通して集中力を養い、私たちの生活と幸福の質を向上させる方法をお伝えします。

講師:ゲン・ローサン・ケルサン師

イギリス人僧侶の、ゲン・ローサン師は1983年に仏教の僧侶として得度し、ゲシェ・ケルサン・ギャッツオ・リンポチェ師の導きの下、学びと実践を続けてきました。

ゲン・ローサン師は、カダンパ仏教の師として国際的に名高く、世界中で幅広く教えを伝えてきました。

ゲン・ローサン師は、その洞察に満ちた教えで生徒たちから敬愛されており、そのひたむきな実践を通して、インスピレーションを与える役目を果たしてきました。

 

日程
8月24日(土)、9月1日(日)、9月14日(土)、10月13日(日)、10月26日(土)
時間
14時から17時30分
参加費用
2500円
予約方法
予約は必要ありません。そのまま時間までにお越しくださいませ。
場所
カダンパ瞑想センター東京、渋谷区代官山町13-4 ヴォーグ代官山II 2階 東急東横線代官山駅より徒歩5分(グーグルマップを表示)

 

リフレッシュ・メディテーションワークショップ(45分)


リフレッシュ・メディテーションワークショップとは?

私たちの忙しい現代の日常生活に、古から伝わる仏教の知恵を学び、心をリフレッシュするための講座です。

日程(全日程共に19時00分から19時45分まで)

2019年9月19日(木)/ 9月26日(木)/ 10月10日(木)/24日(木)/11月7日(木)/21日(木)/12月19日(木)講師:Janet Yeh(ジャネット・イェ)

上記の毎週木曜日の講座は英語のみで行われます。(日本語の通訳はつきません。)

2019年8月26日(月)/ 9月2日(月)/ 9月9日(月)/9月16日(月)/9月23日(月)10月7日(月)/10月14日(月)/10月21日(月)/10月28日(月)/11月4日(月)/11月11日(月)/11月18日(月)/11月25日(月)/12月2日(月)/12月9日(月)/12月16日(月)/12月23日(月)講師:ケルサン・シンドロ

上記の毎週月曜日の講座は日本語のみで行われます。

講師:Janet Yeh(ジャネット・イェ)

ジャネット・イェは台湾出身で、22年間ヨーロッパで暮らした後、2011年に東京に移りました。2000年、イギリスのオックスフォード大学に在学中にカダンパ仏教に出会い、仏教を学び始めました。その後、イギリスのカダンパのセンターの講師としても活躍していました。快活で、仏教にも造詣が深く、とても優しいカダンパの先生です。

講師:ゲン・ケルサン・シンドロ

ゲン・ケルサン・シンドロはカダンパ仏教の認定講師で、18年以上カダンパ仏教を学び、15年間尼僧として従事してきました。シンドロ師は、国際カダンパ仏教連合(IKBU)の専任講師集中養成課程を修了し、カダンパ仏教の認定講師として教えと瞑想に深い知識と経験を積んだ、真摯で優しい講師です。

 

 

参加費用
800円
時間
全日程共に、19時から19時45分
予約方法
開始時間までに直接お越しくださいませ。
場所
カダンパ瞑想センター東京、渋谷区代官山町13-4 ヴォーグ代官山II 2階 東急東横線代官山駅から徒歩5分(グーグルマップを表示)

 

基礎プログラム(英語)

この学習プログラムは、仏教の本質的な教えについて系統的に学び、瞑想する機会を与えてくれます。これにより、私たちは学んだことを日々の生活の中に活かしながら、理解を深めていくことができます。私たちは瞑想や、日常生活をスピリチュアルな道に変化させることができる自分自身の力に、大きな自信を持てるようになるでしょう。そして日常生活の問題を解決し、より多くの幸せと、温かい友情、心の平和を得られるようになるでしょう。

ゲシェ・ケルサン・ギャッツォー師の『How to Understand the Mind』について学びます。

参加をご希望の方はepc@kadampa.jpまでお問合せください。

国際フェスティバル

カダンパの国際フェスティバルは、新カダンパ宗のスピリチュアル・ディレクターがコースを教える特別なイベントです。

フェスティバルには、スピリチュアル・ディレクターが行う祝福のセレモニーや講話、経験を積んだNKTの先生たちによるレビューや瞑想の時間、祈りやお供えのセレモニー、そしてこれらを整理して理解と経験を深めるためのリトリートが含まれています。

誰でも参加できるこれらの国際フェスティバルは、世界中の仏教の実践者と出会い、経験と理解を分かちあうことができる素晴らしい機会です。

毎年行われる3つの国際フェスティバル

毎年、次の3つの国際フェスティバルが行われます

春のフェスティバル
イギリスのKMCマンジュシュリで行われます。
夏のフェスティバル
イギリスのKMCマンジュシュリで行われます。
秋のフェスティバル
イギリス以外のさまざまな場所で行われます。

今後のフェスティバルの詳細につきましては、こちらをご覧ください。