センターの活動内容

カダンパ瞑想センター東京(KMC東京)は、瞑想と仏教を特に現代の世界に適した形で教えています。また、古代のブッダの知恵を、日常生活の中で起こるさまざまな問題にすぐに応用できるような形で伝えています。センターでは、瞑想会、瞑想のクラスや学習プログラム、リトリートや祈りの会などを開催しており、資格を持ったカダンパの瞑想の講師が指導にあたっています。

KMC東京で行われるすべてのコースは、センターの創設者であるゲシェ・ケルサン・ギャッツォー師がデザインした3つの特別な学習プログラムに基づいています。瞑想のクラスやリトリートなどは、すべて一般プログラムの1つです。

基礎プログラムでは、カダンパ仏教のさまざまな科目について、系統的な学習と実践方法を提供しています。

講師養成プログラムでは、スートラ(顕教)とタントラ(密教)の教えを広範囲に渡って提供し、実践する人が仏教の知識と経験を深められるようにしています。また、新カダンパ宗の講師の資格を得られるようにトレーニングも行います。KMC東京で行われる講師養成プログラムの詳細につきましては、教育プログラム係までご連絡ください。

 

今後のイベント

●瞑想を学ぶ(日本語)
金曜日(月2~4回程度) 7:30-8:30pm
クリアライト・ヒプノセラピースクールにて
東京都渋谷区東1丁目26-32 拓新ビル5
開催日等、詳細につきましては瞑想を学ぶをご覧ください。
※4月から時間と会場が変更になります。

●夜の瞑想会 in 広尾(英語)
水曜日(月2~3回程度) 7:30-8:30pm
ビーヨガジャパンにて
東京都港区南麻布5-10-26
開催日等、詳細につきましては夜の瞑想会 in 広尾をご覧ください。

ニュースレターを申し込む